Soy Delicious Project!~大豆は世界を救う~

Soy Delicious Project!~大豆は世界を救う~

Soy Delicious Project!~大豆は世界を救う~
今日はキックオフミーティングでした。

事務局、講師、受講生が集まりました!

「世界を救う」だなんて、大げさ!?と話しながら、キックオフミーティングが開催されました。
大きな枠組みはソイデリシャスプロジ
ェクト!
Soyは大豆、そしてスペイン語の I am の意味。
私(大豆)は美味しいものなのよ! の意味も込めて。 

世界で3億トン生産されている大豆のほとんどは、
私たち
日本人が慣れ親しんでいる大豆食品のようにはなりません
9割が搾油、そして飼料に。ソイフードを海外発信して
いくには、
まず「大豆は、素晴らしい食材なんですよ!」
を伝えなくてはいけないのです。
なぜ発信したいかといえ
ば、多くの人が手にいれることが可能であり栄養価の高い食材だからです。
誰もが教育を受けられるべきであるのと
同様、だれでも健康的な食事をとることができるべき。
連のSDGs(Sustainable Developing Goals)にも関連させながら活動できればと思います!!

このプロジェクトの中でさまざまなアクションを起こしていきます。
その1つが「おいしい防災食プロジェクト(仮
)」で、
今日から名称を「DAILY STOCK ACTION」に。
非常時に食べなれない非常食ではなく、普段から食べなれたいるものの中で、
備蓄できるものはしていこう!というものです。
東日本大震災の時には、配給された乾パンを子どもたちが食べなかったり、
3食菓子パンが2週間続いたところもあったそうです。
ただでさえストレスフルな状況で、食からもストレスも。
食べなれた食事をとるホっとする瞬間、そして栄養不足にならないための食事。
このアクションはまず国内で初めていきます。

ホームページにも新しいページを作っていきます。ぜひ一緒に盛り上げてください!

個人も法人も、賛同してくださると嬉しいです。