大豆ペースト試食会へ。

大豆ペースト試食会へ。

キューピー本社で行われた大豆製品の試食会にお邪魔しました。

なんと、大豆のペースト!!
何がそんなにびっくり?と思うかもしれませんが、実は大豆でペーストを作るのは難しいのです。成熟する前の枝豆だったら他の豆と同じようにペーストになりやすい。だから、ずんだ餅の餡を作ることができます。ペーストにするにはでんぷん質が必要なのですが、大豆は他の豆に比べてでんぷん質が少なく、通常はペーストにはしにくいのです。それが、なめらかなペーストに。しかも皮ごとすべて!!なので栄養たっぷり。そしてとても美味しい。特殊な技術で大豆のえぐみを取り除き、良い味だけが残っているのです。

今回、この製品開発にソイフードマイスターの菅野安希子さんが関わっています。安希子さんは元ミスインターナショナル日本代表なのですが、今後ミスを目指す人達への栄養指導も行うとか。そんな安希子さんが様々な料理を紹介してくれました。

デモンストレーション形式でも。

大豆ペーストをお湯で溶いただけの大豆ジュース!?

豆乳とはまったく別物。おいしい。

白和え洋風版のような使い方も。
コロッケの具にも。
ペースト入りハンバーグはふっくジューシー。
スイーツにも使えます。
そして、バナナを混ぜただけの離乳食。
とにかく万能。
パンもありました。小麦粉を使っているのでグルテンフリーというわけではありませんが、
米粉パンにも使えそう。
おかず、スイーツ、パン・・・
本当に様々な料理に活用できそうです。
日本は、昔から大豆製品を食べています。
近年普及し始めたのが、大豆粉(きな粉ではありません)、大豆麵(ソイヌードル)、大豆肉 とありますが、新たなジャンルの幕開けとなりそうです。