マイスター紹介

Vol.7 岡本 みかさん(ソイフードマイスター・認定講師)

「どうすればメインディシュになるかな?と考えながら料理するようになりました」

今回ご紹介するのは、ブライダル司会として、そして当協会認定講師としても活躍されている岡本みかさんです。

70726f647563742f32303136303632335f3833646630662e706e67003430300000660023666666666666

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q資格取得をしようと思ったきっかけはなんですか?

年齢を重ねるごとに「更年期」との言葉を耳にすることが増え、その時に「大豆=女性ホルモンよ」と幼い頃から祖母に言われたのを思い出しました。そして、「大豆」の栄養についてや意識を持って食するとどんな効果があるのか知りたくなりました。

 

Q実際に受講内容で知って良かったことはなんですか?

大豆への興味が更に高まり、料理する際に大豆製品を使う習慣ができたこと。

また、以前から「エクエル」を飲んでいましたが、ジュニアソイフードマイスターで女性ホルモンやエクオールについて学んでからは更年期対策の一つとして続けています。

 

Q勉強した内容、あるいは資格を取得したことで役立っていることはありますか?

役立っています。大豆への意識が高まったこと、大豆製品がメインディッシュになることがわかり、毎日食べるための工夫をするようになりました。また、まわりの方にも大豆の良さを紹介しています。

 

Q大豆はもともとよく食べていましたか?

納豆、豆腐などは良く食していましたが脇役のおかず一つとしてそのまま食べることが多かったです。時間があるときは、オカラでお菓子作りはしていました。

 

Q食べる頻度は変わりましたか?

かなり意識が変わりました。水煮大豆、蒸し大豆、高野豆腐、厚揚げ、大豆粉、納豆、豆腐、、、と常にストックしています。

どうすればメインディシュになるかな?と考えながら料理するようになりました。

 

Q今後資格を役立てて何かしてみたいことはありますか?

マイスター取得後は、ソイフードでランチホームパーテイをしたり、講座を開いたりしています。高野豆腐のカレーは大好評でした。

定期的にソイフード講座(料理教室)を開催できればと思っています。

 

〜スタッフより〜
MCのお仕事をしているだけあって、お話上手な岡本みか先生。
ソイフードマイスター取得後、認定講師としても活躍中です。
関西方面でジュニアソイフードマイスター養成講座を受講希望の方、ぜひ岡本先生にもお問い合わせくださいね。

名前:岡本みか
ブライダル司会、ソイフードマイスター、日本ソイフードマイスター協会認定講師
2児の母。「仕事だけでなく、子育て・家事・プライベートの両立」「興味のあることは何でも挑戦!」をテーマに日々と楽しみながら奮闘中。
マナー検定、手話少々。

岡本先生の講座申込先はコチラ

◆◆大豆を毎日食卓に◆◆
・・大豆を通じ健康と体作りを学ぶ  食育や資格取得も・・
一般社団法人 日本ソイフードマイスター協会
http://www.jsfma.com
養成講座日程
http://www.jsfma.jp

Vol.6 藤田 一恵さん(ソイフードマイスター・認定講師)

「家庭の主婦・お母さんにこそ、知って頂きたい」

今回ご紹介するのは薬剤師でありハーバルセラピストでもある藤田一恵さんです。

 

WKK_4566

 

Q資格取得をしようと思ったきっかけはなんですか?

ハーブの講師をしておりまして、ハーブを周知して頂くにあたり、お料理教室という方向も考えていたことから、考える方向性に今後繋がるように感じて勉強しようと思いました。

 

Q実際に受講内容で知って良かったことはなんですか?

やはり、大豆イソフラボンについてです。PMSという症状は、医薬品では難しいところがあると感じていました。ハーブで症状が和らぐ部分かなと思っていました。そこに、大豆イソフラボンを摂っていけば更なる作用があるということを勉強できたことが良かったです。女性ホルモンの作用には欠かせないものであると思います。

 

Q勉強した内容、あるいは資格を取得したことで役立っていることはありますか?

お教室開校にあたり、協会で習得した大豆を使った料理をご紹介できるということと、ジュニアソイフードマイスターの養成をできるようになるということです。家庭の主婦にこそ、大豆やハーブについてお伝えして、ご家族の皆さんやご自身のご健康維持に役立てて頂きたいと思います。

 

Q大豆はもともとよく食べていましたか?

はい、豆乳はよく飲んでいました。納豆も食卓にはよく出していました。

 

Q食べる頻度は変わりましたか?

変わりました。豆乳や納豆ばかりでなく、他の大豆製品にも目が行くようにありました。乾物の大豆も良く買うようになり、蒸して冷蔵庫に入れてあります。

 

Q今後資格を役立てて何かしてみたいことはありますか?

お教室での大豆レシピ紹介とジュニアソイフードマイスターの養成です。家庭の主婦(お母さん)にこそ、知って頂きたいという、強い思いがあります。

 

〜スタッフより〜
先日は日本橋三越でハーブのお料理教室も開催した藤田先生。
今後はジュニアソイフードマイスター養成講座も藤田先生のサロンで受講できるよう準備されています!

 

名前:藤田一恵(ふじたかずえ)

サロンドール認定校「herbeherbe」主宰、薬剤師、ハーバルセラピスト、ソイフードマイスター
URL: http://ameblo.jp/herbeherbek/

 

 

◆◆大豆を毎日食卓に◆◆
・・大豆を通じ健康と体作りを学ぶ  食育や資格取得も・・
一般社団法人 日本ソイフードマイスター協会
http://www.jsfma.com
養成講座日程
http://www.jsfma.jp

 

Vol.5 菅野 安希子さん(ソイフードマイスター・認定講師)

「子供が食べやすいように豆腐を使ったお菓子作りがブームです」

今回ご紹介するのはソイフードマイスターの菅野安希子さん。

自身が主宰するサロンのほか、来月には日本橋三越はじまりのカフェでの協会の認定講師としてお料理教室開催も控えてます。

 

IMG_1174

 

Q資格取得をしようと思ったきっかけはなんですか?

10年来自家製味噌を作ってきて、手作り味噌教室を開くようになりました。
原材料である大豆をより知ることにより、生徒さんへのアドバイスや 今後の味噌作りの参考にもなると思い受講いたしました。

 

Q実際に受講内容で知って良かったことはなんですか?

お味噌がきっかけでしたが、受講してみて自分が日常的に大豆製品を多く摂取している事に気づき驚きました。
今まで朧げに良いと思っていた大豆イソフラボンが男女問わず必要なものだとわかり、
またエクオールという新しい成分を知ってより一層大豆を日常的に摂取する大切さを知りました。

 

Q勉強した内容、あるいは資格を取得したことで役立っていることはありますか?

早速お教室で大豆の素晴らしさをお話ししています。
みなさん漠然と身体に良さそうとは思いながら良く分からなかった大豆のパワーを知ると、
積極的に取り入れたいと言ってくださいます。
簡単で毎日の食事に取り入れやすいレシピなど考えるようになりご好評いただいています。

 

Q大豆はもともとよく食べていましたか?

好きなのですがあまり工夫せず冷奴や納豆などそのまま食べるだけが多かったです。
毎朝甘酒を豆乳で割って飲むのが長年の習慣です。

 

Q食べる頻度は変わりましたか?

メニューの中に必ず大豆を取り入れようと意識するようになり格段に増えました。
特に子供が食べやすいように豆腐を使ったお菓子作りがブームで 子供達も喜んでくれるのでどんどんレシピが増えています。

 

Q今後資格を役立てて何かしてみたいことはありますか?

もっと毎日の食卓やおやつに大豆を取り入れて貰えるようにレシピを考えたり、大豆料理教室を開催して
たくさんの方々のための健康のお手伝いをしていきたいです。

 

 

〜スタッフより〜

協会のFacebookでもご紹介した菅野さんの味噌作りの教室は大盛況でした!
今後のお教室も要チェックです。

 

【プロフィール】

名前:菅野 安希子 (すがのあきこ)
職業・肩書き等: salon de lumiere主宰/’96ミスインターナショナル日本代表
ホームページ:http://salondelumiere.jimdo.com

 

 

◆◆大豆を毎日食卓に◆◆
・・大豆を通じ健康と体作りを学ぶ  食育や資格取得も・・
一般社団法人 日本ソイフードマイスター協会
http://www.jsfma.com
養成講座日程
http://www.jsfma.jp

Vol.4 園原 ゆかりさん(ソイフードマイスター・認定講師)

 

「大豆を食べてキレイになる」と知ってもらいたい

 

今回ご紹介するのは園原 ゆかりさん。先日協会のブログでもご紹介しましたが、資格を生かし、マルコメさんとのお仕事も始まりソイフードマイスターとしても活躍中です。

sonohara_profile

 

Q資格取得をしようと思ったきっかけは何ですか?

お友達に資格のことを教えてもらったのがきっかけです。
幼いころより大豆食品が大好きでしたので、この資格にはとても興味がありました。

 

Q実際に受講内容で知って良かったことはなんですか?

自分が食べてきたことにこんなに意味があったと知れて、嬉しかったです。
特にエクオールのお話は新鮮で勉強になりました。

 

Q勉強した内容、あるいは資格を取得したことで役立っていることはありますか?

資格を取ったことで、料理研究家としてもお仕事をいただく機会が増えました。

今は大豆食品を使ったレシピ作りやお料理教室、商品開発などに携わっています。

 

Q大豆はもともとよく食べていましたか?

大好きでよく食べます。

おうちでは基本的に粗食なので、納豆、お豆腐は常備食です。

お味噌汁はたっぷりの具で食べるのが定番です。

最近は大豆粉や大豆肉をつかったレシピ開発も手掛けているので、デザートや主食でも食べています。

 

Q今後資格を役立てて何かしてみたいことはありますか?

和食の普及、大豆食品の素晴らしさをもっと日本の皆様に、海外の方にも知っていただけるように活動していきたいと思います。

「大豆を食べてキレイになる」と知ってもらいたいです。

 

 

〜スタッフより〜

来月開催の会員向けランチ会では園原ゆかりさんにも登壇していただく予定です。
ぜひお楽しみに!

 

 

【プロフィール】

名前:園原 ゆかり

職業・肩書き等:モデル

ブログ:http://ameblo.jp/yukari-sonohara/

 

 

◆◆大豆を毎日食卓に◆◆
・・大豆を通じ健康と体作りを学ぶ  食育や資格取得も・・
一般社団法人 日本ソイフードマイスター協会
http://www.jsfma.com
養成講座日程
http://www.jsfma.jp

vol.3 吉田 真希子さん(ソイフードマイスター・認定講師)

大豆を積極的に取り入れ、その魅力を伝えることが何より楽しい

 

今回ご紹介するのはソイフードマイスターの吉田真希子さん。
資格取得後にソイフードの調理実習講師、レシピ開発、メルマガ掲載を担当してくださっています。

 

image

 

Q資格取得をしようと思ったきっかけはなんですか?

知り合いから、日本ソイフードマイスター協会というものが出来たと聞き、もともと大豆の栄養効果については優秀だと感じていたので、もっと知識を広げ、食の仕事に繋がればと思いました。

 

Q実際に受講内容で知って良かったことはなんですか?

ジュニアソイフードマイスターでは、やはり女性ならではのホルモンとの関係、エクオールの存在をきちんと勉強することが出来たこと。
私自身も更年期に近づいてきてるので、他人事ではなく考えるようになり、協会ホームページでも紹介されている大塚製薬のエクエルも飲むなど対策するようになりました。

ソイフードマイスターでは、注目のグルテンフリーや発酵食品について、詳しく知ることが出来たことです。

Q勉強した内容、あるいは資格を取得したことで役立っていることはありますか?

協会のマイスター講座で調理実習の講師をやらせて頂いたり、
これからはジュニアの講座も開く予定で、講師としてのお仕事が広がりました。
レシピを作る上でも、大豆を積極的に取り入れ、その魅力を伝えることが何より楽しいです。
Q大豆はもともとよく食べていましたか?

お仕事上、美容に効果的な食の提案をしているので、大豆製品を使ったレシピもよく作っているため、よく食べている方だと思います。

好評だったのは、納豆を使ったヘルシーお好み焼き、豆腐プリン、豆乳ペンネ、おからのニョッキ、おからのピザなどです。

 

Q食べる頻度は変わりましたか?

大豆の栄養効果をより知ってから、さらに意識的に毎日取り入れるようになりました。
食べないと、身体が物足りなさを感じるくらい。笑
マイスターで教えて頂いた高野豆腐を使ったカレーはお友達にも好評で、今ではホームパーティーの定番メニューになっています。

 

Q今後資格を役立てて何かしてみたいことはありますか?

より多くの方に大豆の素晴らしさを知って頂けるように、楽しい講座を開いていければと思っています。
協会のホームページでもレシピ考案を担当させて頂いてるので、それがまとまったら、本の出版が出来たら嬉しいです。

 

〜スタッフより〜
吉田さんのもともとのお料理の腕前や知識を活かし、協会からもお仕事をお願いしています。美しい先生にスタッフもファンです!

 

【吉田真希子さん】

美食アドバイザー、フードスタイリスト、ソイフードマイスターとして活動中。

ブログ
http://s.ameblo.jp/kireigohan-makiko/

 

 

 

◆◆大豆を毎日食卓に◆◆
・・大豆を通じ健康と体作りを学ぶ  食育や資格取得も・・
一般社団法人 日本ソイフードマイスター協会
http://www.jsfma.com
養成講座日程
http://www.jsfma.jp  

Vol.2 宮崎 京さん(顧問・ソイフードマイスター)

今回も顧問のご紹介。

元ミスユニバース日本代表であり、現在もミスユニバースのファイナリストに指導をする等ご活躍。
美のエキスパートの宮崎京さん。

image1
Q資格取得をしようと思ったきっかけはなんですか?

協会立ち上げの時点で顧問のお話をいただいたとき、資格取得にも興味を持ちました。
「食べることは生きること」
食べたものでしか身体は作られません、食に関する知識をもっと身につけたいと思っていたので、
資格を取得しようと決めました。

 

Q実際に受講内容で知って良かったことはなんですか?

ジュニアの内容ですとやはり、エクオールの存在。
エクオール産生菌のある人とない人がいることも知りましたし、スーパーイソフラボンと言われるだけに、大豆の可能性を感じました。ちなみに私、ソイチェックでは5段階の5でした!
マイスターの内容ですと、調理実習ですね。
簡単なのに美味しくて、見た目もバッチリなお料理の数々…
学んだことを生活の中できちんとカタチにできる資格だなぁ〜と。

Q勉強した内容、あるいは資格を取得したことで役立っていることはありますか?

大豆がメインディッシュになりうることがわかりましたし、周りにも「大豆ってスゴイよ」って言うだけじゃなくて、どういうふうに食べるとかレシピとしてオススメできるようになりました。調理実習で学んだことが今、とても役立っています♩
Q食べる頻度は変わりましたか?
ほぼ毎日食べてはいましたが、さらに意識的に摂るようになりました。外食していてもメニューに“マメ”を探してしまうくらいです(笑)。

 

Q今後資格を役立てて何かしてみたいことはありますか?
健康的に美しくなりたい女性たちのために、この資格を役立てたいです。
内からキレイになるために、大豆は必須です!

 

〜スタッフより 〜
美のエキスパートでありながら、正確は男前でかっこいい京さん。
7月には舞台「愚者よ」にご出演。
詳しくはhttp://ameblo.jp/miyakoibg/entry-12035012032.htmlをご覧ください。

 

【宮崎 京(みやざきみやこ)さんプロフィール】

モデル/女優/

ウォーキング&ポージング インストラクター/2003ミス・ユニバース・ジャパン

日本ソイフードマイスター協会顧問

ブログ http://s.ameblo.jp/miyakoibg/
Twitter&Instagramアカウント:miyakomiyazaki

Vol.1 里井真由美さん(顧問・ソイフードマイスター)

このたび、ソイフードマイスターやジュニアソイフードマイスターのみなさんにインタビューすることになりました。

まずは当協会の顧問でもある里井真由美さん。

satoi.kimono20150321

 

 

Q資格取得をしようと思ったきっかけはなんですか?

食の仕事をしており、大豆について「今の正確な情報」を学びたかったので取得しました。特に「エクオール」など情報として新しく、今後も注目される研究結果について学びたいと思いました。

また、 大豆好きの仲間を増やしたいと思いました。一緒に学ぶと輪が広がり繋がり楽しいです。

 

Q実際に受講内容で知って良かったことはなんですか?

ジュニアでは、女性ホルモン、大豆イソフラボン、エクオールなど、女性の身体と大豆の密接な関係を正確に学べたこと、マイスターでは、発酵や遺伝子組み換えについて、枠の広がりを感じる項目を正確に学べたことです。

 

Q勉強した内容、あるいは資格を取得したことで役立っていることはありますか?

公私ともにとても役立っています。フードジャーナリストとしての仕事はもちろん、2015年は「ミラノ万博日本館オフィシャルサポーター」に任命頂き活動しております。「日本館、和食」のPRにおいてソイフードマイスターとしての知識が大活躍です。お仕事として、大豆食品のお取り寄せページを開設するなど更に広がりも得ています。毎日の食事も一層楽しくなりました。

 

Q大豆はもともとよく食べていましたか?

もともとよく食べています。大豆を食べない日はありません。

① 乾燥大豆を戻し、大豆水煮(おつまみ、サラダ、ヨーグルトと一緒になど)

② 大豆グラノーラ、SOYJOYなど

③ 豆乳、豆乳ヨーグルト

④ 納豆+雑穀米ごはん

⑤ 豆腐、揚げ(味噌汁)

 

料理というより、簡単に食べられる状態のものを気軽に毎日食べています。資格取得後も、変わらず毎日食べています。

 

Q今後資格を役立てて何かしてみたいことはありますか?

個人的には、今後も大豆のPRをさまざまなメディアを通じて発信し続けたいです。大豆料理コンテスト、ジュニアやマイスター皆さんとのレシピ本発行など協会ならではの企画にもチャレンジしたいです。

 

 

 

〜スタッフより〜
もともと大豆好きの里井さん。日課のごとく大豆の水煮を作るそうですよ。さすがですね!
食を通し日本の良さを海外にも発信する里井さんのご活躍、今後も注目ですね。

 

 

【里井真由美さん プロフィール】

・ソイフードマイスター・(社)日本ソイフードマイスター協会顧問・フードジャーナリスト・ミラノ万博日本館オフィシャルサポーター・ (社)日本フードアナリスト協会 評議委員等でご活躍。

Facebookファンページ www.facebook.com/satoi.jp
ブログ http://ameblo.jp/i-kitchen